So-net無料ブログ作成
検索選択

腕時計の修理 [腕時計]

以前TUDORのデカ薔薇と言う腕時計を修理した時の話。
結婚10周年の時に2人でアンティーク時計を買う事になり、某有名アンティークショップ(中野駅辺り)で
以前から欲しかったTUDORの通称デカ薔薇と言うネーミングの時計を買ってもらったのだか、
何せ古いもので、まだTUDORのケースやリューズが無い時代のもので、全てROLEXの物を
流量していた時の時代のある意味今後は希少価値が付くかも知れない代物で、外見はかなり綺麗で、
リューズを回した感じも悪く無かったので即決したのだが、とにかく遅れる。日に±数秒なら許容範囲では
あるが、これは日に約5分位遅れる。
とにかく直さないと時計としてまともに使えないので近くにあるアンティークショップ(川崎駅辺り)に
オーバーホールにだしたのだが。。。とにかく仕事が雑!
上がってきたものを引き取りに行ったら、まず、文字盤端に1箇所剥がれがあり、即クレーム
直ぐに対応するとの事でさらに数週間入院。
修復したとの情報を受けて取りに行ったら今度は全然違う所が修復されているではないか!
しかも黒い文字盤なのだが塗った所が直ぐに分かる様な雑な仕事。しかも一番下の
MADE SWISS」の一部が少し消えている!
でもそこは今更仕方ないので諦めて最初に言った剥がれ箇所の修復を依頼。
今度はちゃんと直して来たのでとりあえず色々あったが我慢して帰宅。
しばらくワインディングマシンにセットして置いたのだが1ヶ月程して付けたくなり時間合わせを
しようとリューズを引いた時、「スポッ」っとリューズが抜けたではないか!
今まで溜まっていた怒りが爆発!結婚記念日の大切な時計を傷は付けるわ違う所修正するわ
リューズは抜けるわブチギレてクレーム!
預けてしばらくすると「丁度同じ年代のデカ薔薇が入荷して程度が良いので文字盤の交換をさせて
頂いても宜しいでしょうか?」との事。
見る度に嫌な事を思い出すのは嫌だったので交換してもらう事に。
リューズもショップのミスで止め具が外れていたらしく、これも直して頂く。
そして久しぶりに家に変えてきたTUDOR。
見ちがえる位綺麗になっており、誤差も殆ど無し。
色々言って見る物だなと思いつつあまりにきつい事を言ってしまったのでお詫びをしておいたが、
もう二度と行かないと思う。
アンティーク時計って皆少なからず思い入れがあるから大事に扱って欲しいと思う。
しかし長げー文だ!

チュードルの歴史
http://rosegarden.ocnk.net/page/10

腕時計のジーショップ
http://gshop.at-ninja.jp
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。